6月23日、佐喜真美術館にて。

画像


佐喜真美術館 慰霊の日特別企画
照屋政雄・戦争の記憶
あのとき政雄少年がみた戦場

16時30分開場
17時開演
限定100名

大人2000円 小中高1000円

政雄先生の唄と語りの会。
一緒に演奏させていただきます。


「ちょんちょんキジムナー」や
ホテルハイビスカスなど
陽気な歌と演奏、お人柄で知られるまさお先生ですが、
実は、幼少時代の壮絶な戦争体験をお持ちだそうです。

生まれ島の読谷から、鉄砲の玉を逃れて
昼は身を隠し、夜になると見つからないよう
安全な場所を探し、いきついたのが
現在のうるま市石川にある「ぬちしぬじガマ」だそうです。
https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000168872/



ここに数か月、数百人の人々が身を潜めて
いたそうですが、ここでは一人も亡くなった人はなく、
逆にここで生まれた子供もいたそう。
それはすくいのあるお話ですね。

先日まさお先生に連れて行っていただいたときの写真。
岩が崩れて当時のままではないそうですが、
中に入ることもできるそうです。

画像


でも、食べるものに困り、生きることに必死な
時代の経験は変わるものではありません。


まさお先生は戦争の経験をされた
現在では数少ないおひとりで、
その経験を若い世代に伝えたいとのことで、
今回の会の開催となりました。
もちろん先生の唄を間近に聞けるのも
なかなかない時間。


会の結びにはみんなで屋上から
日の入りを眺めて、慰霊の想いと祈りを
ささげよういうもの。


ぜひ、6月23日を一緒にすごしませんか。

************
6月23日(日)
16時30分開場 17時開演 18時半終演見込み(約90分)
大人2000円 小中高1000円
ご予約は佐喜真美術館へ。
098-893-5737

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック