10月3日(日)は、糸満キャンプタルガニ―にいらしてください!

大変面白い企画に、
参加させていただきます。

サウンドスケープチラシ.jpg

アートを感じるイベントです。
といっても、構えることは
なにもなく、

みなさんが足を運び、
その場にいるだけでOK。
いそがしくも窮屈な
このご時世を忘れて
音と場所に身をゆだねて

ゆったりとお過ごしください!



↓↓↓

【日時】
10月3日(日)16時~19時

【場所】
糸満市米須
キャンプタルガニ―(美術館)
https://camp-talganie.tumblr.com/map

【入場料】
1,000円

チケットのお求めはこちらから。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/010k0iucmjw11.html

*事前にご購入下さい。
感染防止の点から、当日の金銭授受を
極力行わない予定です。




↓↓↓

◆世界一小さな美術館の
ミニSoundscapeOkinawa ◆

糸満にある古民家を移築した
「世界一小さな美術館」
キャンプタルガニー。

海が眺められる芝生のお庭
現代アートが並ぶ現代建築の展示室
古民家の軒先や
木漏れ日がさす中庭で

SoundscapeOkinawaに出演する
アーティストたちが
場と遊び、音と遊ぶ
プチSoundscapeイベントを
開催いたします。

昨年12月、
南城市糸数城跡で開催した
Soundscape Okinawaは、
自然豊かな史跡の中で、
さまざまなジャンルの
アーティストが奏でる音を
探しながら歩き、
音の風景を楽しむ、
新しいスタイルの
野外イベントとして
国内外から大きな反響を
いただきました。

今年はさらに、
現代アートの手法を用いて、
サウンドとビジュアルアーツの
コラボレーションとして
表現の幅を広げ、
同じく糸数城趾にて
11月19-21日に開催を予定しています。

今回は、そのプレイベントとして
小さな美術館を舞台に
アーティストたちが作品や演奏で
場と遊び、音と遊び
そこに新しいアートが生まれるシーンを
一緒に楽しんでいただける
プチSoundscapeなイベントになっています。

SoundScapeOkinawa と同じように
音を探し、音を感じ、音に参加する
ピクニックのような音楽会であり、
現代アートと音の共鳴を体験できる
展覧会でもあります。


レジャーシートや椅子を
ご持参いただき
読書をしたり
日向ぼっこしながら
様々な音と作品の織りなす
空間をお楽しみください。

演奏のタイムスケジュールはありませんので
アーティストたちが場と調和しながら
タイミングをあわせていく様子、
突然始まるアンサンブル
音のない静寂の時間を
ゆったりと感じていただけると幸いです。

夕暮れ時には
ハンドベルとクリスタルボウルを響かせる
大合奏も予定しています。

一番星、二番星、、、と
空に星が増えていくように
一音、一音が重なり合い響き合う
最高のフィナーレに是非ご参加ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント